スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭がいい人、悪い人の麻雀 8月1日号

福地センセは頭のいい人、悪い人の麻雀をブログで答える気がないので、頭の悪い僕が代わりに書きますよ!ヽ(`Д´ )ノ

東場の子、二巡目、ドラ5m、平場で何切るか
五萬六萬七萬八萬八萬九萬二筒二筒二索三索五索六索中 ツモ中

福地センセの解答は6s5sと落とすそうです。
実戦では「東風戦のオーラストップ目」で8mポンして電光石火の中バック。
以下引用(若干細かい記述を変えてます)

・(>o<)新しい常識は?
(略)
東南戦ならピンフリーチの打点を優先して「中」切りなのか?どうなのでしょう?
しばらく考えてみて、ぼくの結論としては、東南戦でも6s切り優位じゃないかと思うのです。
中切りと6s切りではあまりにもスピードが違いすぎます。
(以下スピードの違いの説明)
おそらく、テンパイの平均巡目が6~8巡くらい違うんじゃないでしょうか。
打点ですけど、ほぼ確定しているのは、中ドラ1とリーチピンフドラ1の1ハン差だけ。さらにリーチしたときは、一発が1割、裏ドラが3割で、それも合わせると1.4ハン差です。
ドラの吸収力には多少の差がありますけど、それでも(8mポンする前なら)ドラの5mを引いても使えます。赤5mを引いたらすぐマンガンです。
どうでしょう。速度差は6~8巡くらい中ポンが上、打点は1.4ハンほど中ポンが下、そして守備力は中ポンが下ですね。
特に条件のない局面でもポン狙いが得なんじゃないかと思うのですが、納得いくでしょうか?


・(´・ω・`)頭の悪いぬこの考え方
とりあえずオーラストップ目ならリーチは考えないんで、中に手がかかることは絶対ないですね。
平場の場合でもたぶん中に手がかからないと思います。
理由としては何よりも打点が大して向上しない(手牌が化けない)からですね。
中切ってタンピンドラ1になるならともかく、ピンフorタンヤオドラ1にしかなりそうもないですし。
赤ありの場合は(東風も東南も)僕は9mあたり切ると思います。

これだと僕がわざわざ書く必要がないので、「じゃあ、どんな状況なら中切るんだよ!」を書きたいと思います。
ちなみに赤ナシの場合でも例のような手牌ではたぶん中に手をかけませんよヽ(`Д´ )ノ
僕が赤ナシで中落としする牌姿ってのは↓みたいな時ですね。
五萬六萬六萬七萬八萬八萬二筒二筒三筒四筒五索六索中 ツモ中
これなら中落として最高目のタンピンイーペイドラドラ見るだろ、手役派的に考えて…
どんなに悪くてもタンヤオは確定しそうだしね☆(ゝω・)v
あと、例で1-4-7sがすごく強く見えたら中落としあるかもしれないけど2巡目だから関係ないね!

赤ありは「最速テンパイへの道」が和了につながってる気がしますが、赤ナシは「最速テンパイ」と和了に若干ズレがある気がします。先制安手愚形テンパイが親のドラドラに押し返されるケースとかしょっちゅうですからね。とはいえ、この問題1sチーとかしない限りは中もってた方が絶対和了りが速いですよね。



ぜんぜん関係ないけどネタコピペ思いついたお(*´ω`*)


麻雀研究家の理想雀士は、鳳凰卓を初めて観戦したとき、
自分が七段になってもすぐ☆(ゝω・)vになってしまうことを発見した。
これではRをいくら持って行っても身が持たない。
理想雀士はこの問題に立ち向かうべく、10年間、一日10時間をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、対戦相手がゲンドウでも保坂でもお!なに~?でもsideでもでもちゃんでも、
どんな状況下でもチャオらない安定鳳凰民になった!!

一方福地は上南を使った。
あと保坂は保存した。


あとで雑スレに貼ろーっと(*´ω`*)

人気ブログランキングへ←押さないと天鳳IDを紛失して強制保存になります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そのコピペてつぬこさんでしたかwww

ブログに書くより雑スレに書いた方がいろんな人が見てくれるけど、真っ先に雑スレに書いたら誰が言い出したか分からなくなっちゃう(●´ω`●)ゞエヘヘ
まあ所詮売名ですね( ̄w ̄)プッ

それはさておきいつもブログ拝見しております。
コピペばりに努力を重ねて、天鳳なりリアルなりで結果が出ることを期待してます!

両方の牌姿において中のトイツ落としが本線だったりする、頭の腐敗してる僕…。
なぜ自分のフーロ率が他人に比べて低いのか分かった気がしました(笑)。

上の牌姿でのんびり中落としていってると、親に吹かれて2位狙うしか無くなっちゃうような展開になることが多い気がしますね~(経験談)。

僕も昔はそうでした…
某わんわんおさんとか鉄板強者はみんな早くてシビアで正確ですよね!
でも、ロマンに浸りたい時は確実にあるしなあ…
プロフィール

てつぬこ

Author:てつぬこ
鉄雑魚五(±1)段の「紅のぬこ」が天鳳特上でリーチにゴリ押しするブログです
(*´ω`*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。