スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふいんき赤ナシ入門 その2

題名の通り赤ナシの話の2回目ですよー
前回までのあらすじは↓こちら

その1 あかがないということ


ふいんき赤ナシ入門
その2 ドラのある生活



前回は「ドラが無さすぎて生きてるのが辛い」
という話でした。

では逆にドラ暗刻が来たらどうでしょう・・・

これはセオリーといってもいいくらいのレベルでゼンツです。

ドラの4枚中3枚持ってるんですから、他家(子)が攻めてきても自分より高い点数になることは少ないです。
何も考えず最速テンパイ
先制リーチにも基本ゼンツです。
どうせ相手は裏乗らないと満貫にならないんですから(; ・`д・´)

あ、親リー・・・

赤ナシとはいえ、親リーだけは持ってるドラの数に左右されずに脅威です。
かわせそうならかわしますが、天鳳ルールにならば親リーに対しては基本的に引き気味です。
天鳳右2において親満和了は「ラス回避おめ」にかなり近いです。
ましてや親満放銃した日には・・・ラス回避の鬼たちから猛マーク必至です。

リーチに限らず、親の両面聴牌にあっさり打ちこまないようにしましょう。

え、僕ですか・・・

(●´ω`●)ゞエヘヘ
全ツなんで結構刺さってます。

あとはドラ持ってても気をつけるのは染め手ですかね
「ホンイツ役牌」みたいな見えてる3900に打つと赤ナシではキツいので、やっぱり打たないように
そして、無理染めとの見極めが出来るといろいろ役に立ちます。

逆に役牌のドラが一枚だけぽつーんとある場合・・・
これは結構意見の分かれる所ですが、一つだけ言えることは「鳴かせたらかなり楽にさせてしまう」ということです。
赤ナシでポンチー自在の8000点は半荘の流れを決めかねないほどのアドバンテージです。
詳しくは後の項で書きますが、赤ありのように「ダマで8000点」はなかなか出来ません。
赤ナシでドラを打ち出すからには「整いました!」とか「12時34分・・・満潮・・・」とかいいながら満貫手のリーチを打てるくらいの構えになっているのが基本です。
赤がチップで5000点相当のルールで赤をあっさり打ち出しますか?
チップも無ければ、真ん中に寄せても打点が思うように上がらないルールで敵に露骨に塩を与える必要はありません。
リーのみのシャンテンで「手広さの為だけに」ドラを離すのは赤ナシでは基本的にはやめた方がいいでしょう。

役牌に限らずドラを打つときは戦略的によく考えてから放しましょう。

と、これだけドラの扱いについて書いていても予想外の満貫にぶつかってしまうのも事実です。
赤ナシで持たざるものが打点を上げる方法、手役狙いです。

この古臭い技術はまだこの日本赤ナシにいるのです。たぶん。



人気ブログランキングへ←こいつ意外と本気だぞ・・・と思ったらクリック
スポンサーサイト
プロフィール

Author:てつぬこ
鉄雑魚五(±1)段の「紅のぬこ」が天鳳特上でリーチにゴリ押しするブログです
(*´ω`*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。