スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ネット上からオカルトは駆逐されるのか

だいぶ空きましたが前回の続きですよ

という訳で「ネット雀士は全てデジタルの極み」というのが一般的によく言われてることですな。
ここでデジタルの定義についてとつげき東北さん(凸)の文章から引っ張ってくると、

>麻雀の世界では昨今、「デジタル」という言葉が、「反オカルト」的な意味で用いられることが多い 。これ自体はかなり不自然である。そもそも「デジタル」とは、連続値に対する離散値を表す概念である。「離散値」の反対概念として「不合理な諸概念」を置くのは無理がありすぎる。もともとこのような呼称は、長村大プロのキャッチフレーズ「デジタルの申し子」、あるいは片山まさゆき氏のマンガあたりから一般化したように思われるが、次第に「デジタル」が人口に膾炙して拡大解釈されてゆき、明確にされていない情報の大半が「アナログ」側に追いやられ、結果としていわゆる「オカルト(不合理な概念)」と一緒くたにされてしまったという経緯があったと記憶している



俺が付け加えて書く必要もないすなあ(´・ω・`)
ここでちょっと蛇足ですが、凸さんは文章中で「デジタル的オカルト」として世に名高い「シス厨」を例に挙げています。
昔から(というか自動卓が出来て露骨なイカサマが出来なくなってから)この手の人間はそれなりにいるので、これをデジタル的オカルトと言ってしまうのは少し違う気がします。
あくまでもデジタルなのはPC画面とプログラムという見た目だけです(*´ω`*)
見えない人間にとってはどういう形を取っても「ブラックボックス」に見えてしまうんですから・・・
例のコラ参照)
デジタルという言葉もおこがましい、シス厨は昔からいる只の陰謀論者です。
さて、凸さんの論法で言うと「オカルトと言われてても、定義があって仮説的に語れればアナログ、それに正確な数値的裏づけがつけばデジタル」な訳だからフツーの麻雀打ちが論争をする際にどうもごっちゃにして「デジタルvsオカルト」対立軸を作りたくなるという気持ちも分かります。アナログってのは外から見るとオカルトと同じくらい中身が見えづらいですからね・・・

最近、流れの代わりに、一般的に使われるようになった便利な言葉として「場況による」という言葉があります。
これはなんとも抽象的といえば抽象的で、なんとなーくデジタルにもアナログにもあまつさえオカルトにも取れるといった風情の言葉です。
この点棒状況、この捨牌、この仕掛け、このルール・・・いろいろと加味した上でこうだ、という訳ですね。
どこまで加味してるか人によって分からないのがミソなんですが。

つまり「場況による」という言葉は使用する人によって、「きわめてデジタルに近いアナログな経験則」
であるのか「第六感的な一発消しと同等のオカルト的判断」であるのかどちらかと言うとを意図的にぼかした表現であると言えます。

某有名麻雀配信者は言いました。
「何切るに答えるときに、単純な受け入れ枚数のことを聞かれているか、場況を含めた回答を期待されているのか分からない時がある」と
また別の某牌譜検討配信者は
「何切るで答えだけ書くな、ちゃんと理由を述べて欲しい」と

これらの意味する所として質問する側も回答する側も同じ土俵に立たないとしょうがない、ということに他なりません。
「受け入れ枚数ではこうなっているけど、アナログ的な論拠をもってこうだ。」
「いや、オカルト的にこうしたほうが俺は好きだ。」
これらの過程を無視して「受け入れ枚数的に損」という批評をすることは現状のデジタル理論の押し付けであり、真のデジタルを追求する立場としてはナンセンスだと言えます。

さらにデジタル的な戦術論を構築しようとする際の壁として、麻雀という競技でよく言われる「抽象的概念でごまかしておいた方が得」という面があります。
将棋のように、向こうの最善手がこちら側から(時間さえ掛ければ)完璧に読めるという競技ではないので、「何をしてくるか分からない」ということにしておくことがそこそこメリットがあることを考慮すれば
「ブラフ」(手牌的にも戦術的にも)の有効性があると言えます。
例として「押し引き」というものはルールや点棒状況や予想される打点、祝儀の有り無しから面子のレベルまで判断基準を挙げればきりがありません。そういった意味で「油断」をさせたり、手の内をさらさないようにするのも短期戦略としては非常に有用です。
つまり実際は数値計算(一種のカードカウンティングと言うべきか)を積み重ねた結果も、「オカルト」ということにしておいたほうがかえって都合がいい場合もある、ということになります。

これらを考えに入れると、「ネット雀士は全てデジタルの極み」というのはあくまでも建前、外面の話であり、その中でも強者は内面的にアナログやオカルト的なことを考えている、と思います。
(いわゆる駆け引きというやつです)

かつてオカルト的な考え方が絶対的なものさしであったように現在ではデジタルといわれるような数値的な指針が用いられています、が、麻雀は現在示されているようないくつかの数値的指針で測るにはあまりにも複雑で、あまりにも人為的な部分が多すぎるのです。
現在、ネット上から抽象的な概念はほぼ駆逐され、明白な定義と膨大な結果から導き出された結論で麻雀を確率的に語れるようになりました。
しかし、そんな「麻雀というゲームの中長期における必勝法」というマクロかつ厳密な視点からはともかくとして、「ここでどっちの待ちがツモれそうか」というミクロかつ雑な話に対しては「なんとなくこっち」という究極のオカルトがいつまで経っても顔を出してくるのではないか、
僕はそう思うのです。



人気ブログランキングへ←何か文句ある奴はクリックして批判するように!

俗に言うアフィリエイトてむ(*´ω`*)
 
スポンサーサイト

ネット上からオカルトは駆逐されるのか

いや、オカルトさん(*1)は鳳凰復帰に向けて努力していますが。

大分前の最強戦配信で、麻雀プロの石橋さんが流れ論者の話してたんですよね。

石橋さんは「ネット上でそういう(流れとかオカルト的な)話をする場が少ないんじゃないか」的なことを言っていた気がします。
切れ芸でおなじみのオカルトな虎一族☆遊さんが「自分のブログで」ユーザがオカルト派かデジタル派かって投票をしてましたね。
オカルト派が圧勝で虎さんはご満悦でしたが、これ間違いなく凸の掲示板とかでやったら、デジタルが勝ちそうですけどねw

さて、月刊ネットマージャンにとつげき東北さんのコラムが掲載されたのですが、
「書きたいこと先に書かれた!」と思いました。
題名が割と自分の書きたいことだったので恐る恐る見たのですが、自分が書きたい内容からは少しずれていました。

僕が書きたいことはもっと突っ込んだ話をしたくて、

オカルトとは何を指してオカルトというのか?
理屈に合わない打牌をすることなのか、
「流れを変える」と称して、確率的に無意味なことをするのか、
カンすると必ず有効牌引くことなのか(*2)、
花牌での引きが常人を10とすれば100くらいなことなのか(*3)、


際限なく出てきそうなのでここら辺にしておきますか…


凸さんの文章ではマージャンにおける「オカルト」の定義を

(「《マージャンの》ナガレ」などの抽象的概念と違って)検証可能な概念は「仮説」になり得るという良心的解釈をすれば、結果如何はともかく、それらは不合理の温床とはならない。

>「ナガレ」こそが、いや、「ナガレがあるか、ないか」と問う(定義せずに、検証可能性を持たせずに語る)メンタリティこそが、いわば、旧来の、昭和時代から連綿と続くオカルトの本質なのである。


(一部抜粋・下線筆者加筆部)

考えかたとして非常に妥当な線だと思われます。このように定義することに異論はありません。

ただ、その考え方に沿って(知ってか知らずか)オカルトという概念が時代遅れの概念とされた結果、ネット上で理解に合わない(≒マジョリティでない)打牌をする人に対して、罵倒にも似た「牌効率が出来てない」「ぬるい」「受け入れ的に損」といったような評価が与えられてしまうことが多く見られます。
そこが、冒頭の石橋さんの言葉に繋がっていく気がするのです。
では、なぜ実情と違って「ネット雀士は全てデジタルの極み」というステレオタイプなイメージが今まで定着してしまっていたのか?
ということなんですが・・・

続く・・・



(*1)
天鳳に珍しい打撃派雀士の方です。雑スレの個室に常にいるので何かにつけて決闘を申し込みましょう。

(*2)
そんなオカルトありえません
 
(*3)
「100㌫軽く越えてる・・・」「イメージの話じゃ」

「兎」の山城雷蔵の特殊能力
アーケードゲーム版ではカンすると有効牌引く能力に変更・・・ってこれを参考に小林立先生は・・・


人気ブログランキングへ←押さないと続き書くの忘れます

俗・頭の悪い人の麻雀

なんだか福地センセの出題に物申したいのは僕だけではなかったようで、他の方々も気になったようです。
記事リンク↓
麻雀工場(メカゼットンさんのブログ)
ひらりんに聴けッ!(平山雲唯プロのブログ)

もっかい上手い人の意見を踏まえて検討してみようぜ!

東場の子、二巡目、ドラ5m、平場で何切るか
五萬六萬七萬八萬八萬九萬二筒二筒二索三索五索六索中 ツモ中


ちなみに福地センセは6s5s落し、上の二人は2p切り、鉄雑魚の僕は9m切りです。

とりあえず、福地センセ以外の意見で一致してるのは…

 .ハ,,,,ハ
( ゚ω゚ ) 両面塔子落としお断りします

ってことですよね。何より2巡目の両面塔子落としは傷になりますよねぇー。
僕はなんとなく9mって答え方をしたんですが、これ牌効率的には塔子落としにも2p切りにも劣ってるのは明白ですね。
ただ、仮に中を打ち出しても鳴ける形ってのが長所な気がします。

五萬六萬七萬八萬八萬二筒二筒二索三索五索六索中中

五萬六萬七萬八萬八萬九萬二筒二索三索五索六索中中

ねっ、ねっ、早いリーチがかかってきても上の場合は運がよければ上手く捌けそう気がするでしょ、ねっ?
こうして見ると2p切りってのは割と門前寄りな手牌進行になりそうですね。4-7mツモったら仕掛けづらい形になりますし。9m切りだと4-7mド裏目だけどさ

あと長所というかなんというかって感じなんですが、9mが一番捨牌の傷が小さい気がするんですよ(`・ω・´)
例えば2p切りで次巡に4sチー2p切りってなるとこれも怪しさがあるような気が…流石に気のせいか(´・ω・`)
9m8mって並べるとタンヤオも役牌もありそうな気がしません?(実際そうなんだけどさ)
そもそも9m切りってのはタンヤオスキーの悪い癖なのかしら…


で、僕の結論としては
打点とスピードのバランスを取るなら2p切り
スピード狂は索子両面落し
門前打点派は8m切り
ひねくれものは9m切り(オカルト的な意見を許すならば56789の両面はツモりにくいキリッ)

あたりを落としどころにしたいと思います。



っていうか福地センセ今回こそブログで検討してくれないかな(/ω・\)チラッ(/ω・\)チラッ(/ω・\)チラッ

人気ブログランキングへ←押さないと福地先生がますます仕事しなくなります( ̄w ̄)プッ

頭がいい人、悪い人の麻雀 8月1日号

福地センセは頭のいい人、悪い人の麻雀をブログで答える気がないので、頭の悪い僕が代わりに書きますよ!ヽ(`Д´ )ノ

東場の子、二巡目、ドラ5m、平場で何切るか
五萬六萬七萬八萬八萬九萬二筒二筒二索三索五索六索中 ツモ中

福地センセの解答は6s5sと落とすそうです。
実戦では「東風戦のオーラストップ目」で8mポンして電光石火の中バック。
以下引用(若干細かい記述を変えてます)

・(>o<)新しい常識は?
(略)
東南戦ならピンフリーチの打点を優先して「中」切りなのか?どうなのでしょう?
しばらく考えてみて、ぼくの結論としては、東南戦でも6s切り優位じゃないかと思うのです。
中切りと6s切りではあまりにもスピードが違いすぎます。
(以下スピードの違いの説明)
おそらく、テンパイの平均巡目が6~8巡くらい違うんじゃないでしょうか。
打点ですけど、ほぼ確定しているのは、中ドラ1とリーチピンフドラ1の1ハン差だけ。さらにリーチしたときは、一発が1割、裏ドラが3割で、それも合わせると1.4ハン差です。
ドラの吸収力には多少の差がありますけど、それでも(8mポンする前なら)ドラの5mを引いても使えます。赤5mを引いたらすぐマンガンです。
どうでしょう。速度差は6~8巡くらい中ポンが上、打点は1.4ハンほど中ポンが下、そして守備力は中ポンが下ですね。
特に条件のない局面でもポン狙いが得なんじゃないかと思うのですが、納得いくでしょうか?


・(´・ω・`)頭の悪いぬこの考え方
とりあえずオーラストップ目ならリーチは考えないんで、中に手がかかることは絶対ないですね。
平場の場合でもたぶん中に手がかからないと思います。
理由としては何よりも打点が大して向上しない(手牌が化けない)からですね。
中切ってタンピンドラ1になるならともかく、ピンフorタンヤオドラ1にしかなりそうもないですし。
赤ありの場合は(東風も東南も)僕は9mあたり切ると思います。

これだと僕がわざわざ書く必要がないので、「じゃあ、どんな状況なら中切るんだよ!」を書きたいと思います。
ちなみに赤ナシの場合でも例のような手牌ではたぶん中に手をかけませんよヽ(`Д´ )ノ
僕が赤ナシで中落としする牌姿ってのは↓みたいな時ですね。
五萬六萬六萬七萬八萬八萬二筒二筒三筒四筒五索六索中 ツモ中
これなら中落として最高目のタンピンイーペイドラドラ見るだろ、手役派的に考えて…
どんなに悪くてもタンヤオは確定しそうだしね☆(ゝω・)v
あと、例で1-4-7sがすごく強く見えたら中落としあるかもしれないけど2巡目だから関係ないね!

赤ありは「最速テンパイへの道」が和了につながってる気がしますが、赤ナシは「最速テンパイ」と和了に若干ズレがある気がします。先制安手愚形テンパイが親のドラドラに押し返されるケースとかしょっちゅうですからね。とはいえ、この問題1sチーとかしない限りは中もってた方が絶対和了りが速いですよね。



ぜんぜん関係ないけどネタコピペ思いついたお(*´ω`*)


麻雀研究家の理想雀士は、鳳凰卓を初めて観戦したとき、
自分が七段になってもすぐ☆(ゝω・)vになってしまうことを発見した。
これではRをいくら持って行っても身が持たない。
理想雀士はこの問題に立ち向かうべく、10年間、一日10時間をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、対戦相手がゲンドウでも保坂でもお!なに~?でもsideでもでもちゃんでも、
どんな状況下でもチャオらない安定鳳凰民になった!!

一方福地は上南を使った。
あと保坂は保存した。


あとで雑スレに貼ろーっと(*´ω`*)

人気ブログランキングへ←押さないと天鳳IDを紛失して強制保存になります

風林火山

決め打ちの疾きこと風の如し
かわし手の静かなること林の如し
勝負手で点棒を掠め取ること火の如し
愚形リーチに動じないこと山の如し

性格的に守備派になれそうもないので、攻撃は目いっぱい冒頭みたいなこと考えて打ってます。
手数で勝負する人も打点で勝負する人も「赤ナシの場合は」一長一短ある気がします。
(若干、打点派は損が多いから赤ナシ強者は手数派が圧倒的だけど)

赤ありは手数+鉄壁守備が明らかに一番効率がよさげですが…


そんな赤ナシ強欲打法の結果↓

06/23 | 牌譜 | 特南喰 | http://tenhou.net/0?log=2009062314gm-002b-0000-x2665438e881e&tw=3
1位 紅のぬこ(+65) guntora(-53) 対子の王様(-21) ひとり(+9)

東パツでこの半荘はほぼ決まりました(`・ω・´)
「ダマでもツモでハネ満あるからリーチはやりすぎだったな(´・ω・`)」と思ってましたが、
ダマに取っててもドラカンでリーチ行ってたでしょう…
東パツのドラカンなんてどうせみんな真面目に向かってこないし。
きっちりツモってやったねたえちゃん!裏も乗ってドラが増えたよ!


2chの凸カップスレ

726 :焼き鳥名無しさん:2009/06/23(火) 00:37:16 ID:???
赤ナシでマンガン差ついたらもはや技術も何もないしなぁ
マンガンしばりになったら作る手せいぜいひとつしかないし


とか書いてあったけど、打撃派はその一回の満貫に命を掛けるのです(`・ω・´)
ただ、その一回が来ないのも多々あるので、他家のチャンス手を流す感覚は今後磨いて行かないといけないですね。
手数派の人のメリットとして、上手い人は他家の勝負手の七割方を自然に流せてるんで…


いくら打撃派とは言っても全然ツモがきかないときは…

副露の疾きこと風の如し
満貫手の静か(ダマ)なること林の如し
他家の親番を掠め取ること火の如し
追っかけの誘惑に動じないこと山の如し

ですわな(;´Д`)


人気ブログランキングへ←押さないと僕が画像を使わない手抜き更新の簡単さに味をしめます
プロフィール

Author:てつぬこ
鉄雑魚五(±1)段の「紅のぬこ」が天鳳特上でリーチにゴリ押しするブログです
(*´ω`*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。